アレルギーと生活のリズム

スポンサーサイト

赤ちゃんの体内時計はどのようになっているか知っていますか。
大人とは違うリズムだそうです。
大人は1日のサイクルと同じ24時間ですが、赤ちゃんは25時間のリズムになっているのです。
成長していくにしたがって、25時間から24時間へのリズムを作り上げていきます。
このリズムが非常に重要になると考えられています。
アレルギー反応が強い赤ちゃんとそうではない赤ちゃんがいます。
この体内リズムの違いが影響していると言われているのです。
赤ちゃんが生まれてから、24時間のリズムを体で覚えさせなければなりません。
そのためには夜は暗く、朝になると明るくなっていくということを自然のままに行わなければならないのです。
例えば、昼間にカーテンで真っ暗にしていたり、夜遅くまで電気を点けて起きていたりするということがあると体内リズムを24時間にすることができないのです。
食事なども同じことです。毎日決まった時間に摂るようにすることが大事なのです。
アレルギーそのものは免疫の過剰反応なのですが、その根本原因に体質が関係しているのです。
体質を改善すると言うことは大事ですが、赤ちゃんの時から規則正しい生活をさせることが一番と言うことです。
現代人は夜遅くまで起きていたり、朝も遅くまで寝ていたりすると言う人が多いのではないでしょうか。
それが赤ちゃんのアレルギーに影響しているのかもしれないそうなんです。
食生活の内容も昔と違っています。

それも大きな原因と考えていいのですが、生活のリズムと言うことをもう一度考え直してみましょう。
あなたの子どもの時はどうでしたか。
改善のヒントがあるはずです。

スポンサーサイト