食物アレルギーの改善

スポンサーサイト

赤ちゃんの時から食物アレルギーを持っている人はかなり多いと言われています。
その原因は遺伝によるものと考えられますが、食べたものを吐き出したり、口に入れることを嫌がったりするようです。
夜泣きなどもありますが、ひどい症状の時には発育障害となってしまうこともあるようです。
このようなアレルギー体質の改善をすることは容易な事ではありません。
もちろん、小児科に診てもらってこれからのアレルギー改善について十分検討していかなければならないでしょう。
一般に食物アレルギーの場合は生まれつきと言うケースが多いようです。
大人になってからのアレルギーではないということです。
赤ちゃんの時のアレルギー反応は言葉が通じない分、お母さんがこまめに観察しておくことがとても大事です。
食べたものを吐き出したり、下痢をしたりしているならば要注意です。
どのようなものを食べた時にその症状が出るかを、きちんと記録しておきましょう。
特定の食べ物によって症状が出ることがわかったならば、その食べ物を避けるようにします。
しかし、それは対処療法でしかありませんから、根本的な対策として体質改善を考えていきましょう。
赤ちゃんの体質改善にはルイボスティーがいいと言われています。
もちろん、あまり刺激の強い状態で与えることはできません。
体質を改善する時も小児科のお医者さんなどに相談することが大事です。
アレルギー体質ではなく、別の病気と言うことも考えられるからです。

大人になって自然と治る場合もあるようです。
いずれにしても気長に付き合っていかなければなりませんね。

スポンサーサイト