現代人のアレルギー

スポンサーサイト

現代人にとってアレルギーはたいていの人が患ってっている病気と言えるようです。
しかし、どうして現代人はアレルギーの人が増えてきているのでしょうか。
アトピー性皮膚炎などは昔もありましたが、少数の人が患う病気であったのです。
昔と今とでは食生活の内容が違うことが一番の原因であると考えられています。
食事の内容によって、体質が変わってしまっているのです。
アレルギーは体の免疫反応が過剰になっているためですが、体質を改善することによって症状を無くしていくことができるのです。
アレルギー体質の人はその症状を和らげることだけを考えがちです。
しかし、それは対処療法の一つにすぎず、抜本的な解決方法とは言えないのです。
体質を改善することによってアレルギー反応を抑えることができるのですから、症状のことを考えなくて済むと言うことになるのです。
西洋医学ではアレルギーの原因となる物質を特定して、それを排除するような方法を捕る傾向にあります。
しかし、漢方医学では根本原因は体の中にあり、それがアレルギーとなって現れると考えます。
この両者の考えを見た時に、漢方医学の方がいいと思う人が多いのではないでしょうか。
しかし、実際には多くの人が西洋医学をベースとした耳鼻科に通院するのです。
アトピー性皮膚炎の症状を抑えるためには抗生物質を塗ることが一番です。
即効性がありますから、かゆみなどもなくなるのです。
かゆみがなくなれば、もうアレルギーのことを考えていないのです。

現代人は目先のことだけで精いっぱいなのかもしれませんね。

スポンサーサイト