アトピー 治療

スポンサーサイト

現時点において、アトピー性皮膚炎発症の原因は不明とされています。
つまり、何が要因となっているのかがはっきり分かっていないという事なんです。
よって、完全な治療方法も確立はされていないのが現状です。
ただ、全く何も判明していないというわけではありません。
アレルギーが大きな要素となっている事は間違いないと言われています。
即時性のアレルギーと遅延性のアレルギーが両方とも影響を及ぼしているというのが、近年のスタンダードな解釈のようです。

 

アトピー性皮膚炎の主な要因と考えられているのは、遺伝的な要因と環境要因です。
遺伝的な要因に関してはかなり昔から指摘されており、一時は完全な遺伝病として扱われていました。
今では、それだけではないという考えが定着していますが、遺伝が要因の一つであるという説は揺るぎがありません。

 

遺伝が要因という事は、つまり両親の体質をそのまま子供が受け継ぐという事です。
両親が幼少期にアトピー性皮膚炎で悩んでいた場合、子供にもその症状が現れる可能性がかなり高くなります。
よって、子供が生まれた際にはあらかじめ自分や配偶者がアトピーで悩んでいたかどうかを確認しておくと、その後の治療をスムーズに行う事ができるでしょう。

 

この遺伝という要因は、1990年代に確立したバリア機能の欠陥という研究結果から、完全に肯定されました。
セラミドの形成に関連するたんぱく質の欠陥が要因とされており、それが遺伝による要因と繋がっているようです。

スポンサーサイト