薬物療法

スポンサーサイト

皮膚疾患を患った場合、基本となる治療方法は薬物療法です。
当然、アトピー性皮膚炎の治療に関しても、この薬物療法が中心の療法となります。

 

薬物療法という書き方をすると、仰々しい薬を使用するように思われがちですが、実際にはそんな事はありません。
基本的には、ステロイドをはじめとした一般的な皮膚疾患用の薬が処方されます。
また、症状に応じた薬が提供されるので、軽い症状のアトピーの場合はとても弱い薬が処方されますし、症状が厳しい場合は強めの薬が処方されます。

 

アトピーに対しての薬物療法の役割は、かゆみや痛みなどを伴う炎症を抑えるというものなんです。
つまり、アトピーそのものを治すというものではありません。
これは一見、あまり効果がないように思われますが、薬というのは往々にしてそういうものです。
例えば、風邪を引いた際に処方される風邪薬も、風邪そのものを治すというものではなく、風邪によって発生する咳や喉の痛み、頭痛、熱などを抑える為のものなのです。
症状を抑え、自然治癒するのを待つのが、薬の主な役割となっています。

 

アトピーの治療の場合、塗り薬が一般的ですが、この塗り薬、特にステロイドに対しては、副作用などへの不安が持たれています。
また、効果がある人とない人の個人差も顕著なので、どのタイミングで見切りをつけるか、などの問題点もあります。
こういった問題は、アトピー治療を行う上では是非知っておくべき問題です。
薬物治療を行う際は、その薬物の特徴をしっかり確認しておきましょう。

スポンサーサイト