ステロイドの種類

スポンサーサイト

ステロイドは非常に多くの種類が存在していますが、その中の一つである抗炎症性ステロイドに関してだけでも、かなりの種類に分かれているんです。
アトピー治療を行う上で、この多くの種類のステロイドが使用されていく事になります。
それぞれに強さや個性が異なり、その為に様々な症状のアトピーの治療に対してより適切な薬を選ぶ事ができるというわけなんです。

 

抗炎症性ステロイド区分としては、まずランクというものがあります。
これは、効果の強さを表すものです。
このランクが強いほど、より強力な効果が発揮されるのですが、同時に副作用も強くなります。
アトピーの進行状態や炎症の強さによって、どのランクのステロイドを使用するかが決定していくのです。

 

ランクは、最も弱いのが「weak」で、それから「medium」、「strong」、「very strong」の順番で強くなっていき、「strongest」が最も強い効果を発揮するステロイドとなっています。
この区分の中でもさらに様々な種類のステロイドが存在しており、それがアトピー治療薬の成分として使用されています。
例えば、最も強い「strongest」に指定されているステロイドは「デルモベート」、「ジフラールダイアコート」の2つだけです。
これらの名前は商品名で、一般的な名称はそれぞれ「プロピオン酸クロベタゾール」、「酢酸ジフロラゾン」となっています。

 

市販されている皮膚疾患用の薬には、主に「weak」、「medium」の成分が0.05〜1%程含有されているのが一般的です。

スポンサーサイト