アトピー性皮膚炎の環境要因

スポンサーサイト

元々は遺伝する病気として認知されていたアトピー性皮膚炎ですが、それだけでは成り立たないという研究結果の下、別の要因に関しても検討されるようになりました。
その中で最も有力なのが、環境要因なんです。
アレルギーという性質がある以上、環境要因は当然考慮されるべき面であり、実際研究結果によってそれは肯定されています。
その為、治療に関してもその点がかなり重要視されています。

 

環境、と一言で言っても、その要因と推測されているものは様々です。
アレルギーは、人が身体の中に持っている抗体に過剰に反応する抗原「アレルゲン」が原因で、このアレルゲンとなるものが生活環境の中に関わっているというのが主な考え方ですが、そのアレルゲンが複数存在しているという事です。

 

例えば、食事の中に含まれている物質がアレルゲンとなっている可能性が指摘されており、特に乳児期に関してその要因が疑われています。
また、ハウスダストやダニといったものがアレルゲンとなっている可能性もかなり高いと言われています。
これらはアトピーに限らず、おおよそのアレルギーに関与している原因である為、当然アトピーもその中に入ってしかるべきという事です。

 

この他にも、皮膚に付着している細菌が原因の一つとして挙げられています。
人間の身体には、いたる所に多数の細菌が常在しています。
それが病変部位に侵入し、何らかの反応を示し、感染症を発生させるという説です。

 

また、近年で最も注目されているが、ストレスとの関連性です。
実際、生活の中でストレスを感じている成人がアトピーに苦しんでいるという例は見受けられます。
この他にも、虐待、あるいは生活環境が困窮している場合に、アトピーになるというケースも少なくありません。
よって、ストレスを緩和するという治療方法もよく見られます。

スポンサーサイト