アトピー性皮膚炎の幼少期の症状

スポンサーサイト

アトピー性皮膚炎の方が多くの人が幼少期に苦労した経験があると思われるアトピー性皮膚炎ですが、その症状は様々です。
一般的には痒みで悩まされるというケースがほとんどかと思いますが、それだけがアトピー性皮膚炎の症状ではなく、その為治療方法も確立しにくいのが現状です。
また、幼少期とそれ以降でも、主な症状には違いが出てきています。

 

幼少期によく現れるアトピー性皮膚炎の症状は、全身の湿疹です。
頭部から四肢まで、体のいたる所に湿疹が発生します。
重度になると全身が赤くただれてしまい、かなり辛い状態になってしまいます。
顔面全体が赤く腫れ上がるというケースも少なくありません。

 

この他にも、耳たぶのあたりが裂ける症状、すなわち耳切れというものもかなり多く見受けられます。
耳たぶと耳本体が離れるような感じです。
ちぎれるという事はありませんが、頻繁に裂けるので、ここから細菌などが入って熱を出すなどの症状がよく発生します。

 

幼少期における特徴として、湿潤型の湿疹が見られる点が挙げられます。
湿潤型の場合、特に発生しやすいのは汗腺が多い箇所です。
つまり、汗をかきやすい場所ですね。
その為、汗疹と間違われる事も少なくありません。
例えば、首周りや関節の裏といった場所が非常に多いようです。
また、こういった箇所に湿疹ができるとかきやすい為、幼児が事ある毎にそこをかきむしり、症状を悪化させるという状況も非常に多く見られます。
よって、治療方法の一環として、子供が患部をかかないようにする方法が検討されています。

スポンサーサイト