アトピー性皮膚炎の幼少期以降の症状

スポンサーサイト

多くの方の場合、アトピー性皮膚炎は子供の頃、すなわち幼少期に完治します。
これは、治療によるものというよりは、抵抗力等が生まれ自然治癒するからなんです。
つまり、人間の身体はアトピー性皮膚炎を治療する力を備えているという事になります。

 

ただ、それはあくまでも多数の人間であって、全ての人間にあてはまるわけではありません。
中には、小学生から中学生になり、思春期を迎え、そして成人するまでずっとアトピーに悩まされる人もいます。
そして、そういった状況に悩む人は年々増えているという調査結果なども報告されています。

 

こういった場合、幼少期とは症状が異なって、まず幼少期は湿潤型だった湿疹が乾燥型に変わります。
乾燥型の主な特徴は、赤くただれるのではなく、白い粉が皮膚の表面に吹き、非常に強いかゆみを伴うという点です。
かゆみという点では、さらにひどくなる傾向が見受けられます。

 

また、湿疹が発生する位置も変わってきます。
乾燥型の場合は、頭皮や額、内腿等などに発生しやすいと言われています。
特に頭皮の場合はフケの大量発生にも繋がります。
湿潤型である幼少期には、組織液が発生するなど、ベタベタした印象が強いアトピーですが、それ以降の思春期や成人になった場合の症状では、カサカサした印象に変わります。

 

また、成人してもアトピーが治療できていない場合、湿疹がイボになる可能性があります。
アトピーに起因するイボは難治性とされており、自然治癒の可能性は低いと言われています。

 

スポンサーサイト