アトピー性皮膚炎の診断

スポンサーサイト

皮膚の疾患には数多くの種類があり、その数だけ原因があります。
よって、皮膚が赤くなってかゆみを伴っているからと言って、即アトピーだと判断できるかと言うと、そうとは限らないのが実状です。
もし判断を誤れば、正しい治療を行う事ができないので、自己判断は避けたい所です。
正確に判断する為には、やはり医師に診てもらう他ありません。

 

アトピー性皮膚炎であると診断をする為に、現代医療ではアトピー性皮膚炎のガイドラインなどを設けています。
このガイドラインに沿って、適切な診断が行われ、治療計画を立てていくのです。
よって、人為的な診断ミスという事はほとんどありません。

 

アトピーはアレルギーの一種なので、診断はアレルギー反応を検査する事が中心となります。
アレルギーの要素がある湿疹、そしてかゆみなどの症状、遺伝要素など、様々な観点から分析し、診断が行われます。

 

アトピーのガイドラインは10項目あり、その内の3項目があてはまっている場合はアトピーと診断されるようです。
ただ、3項目あてはまったからと言って必ずしもそれがアトピーとは限らない、という現実もあります。
ミスではないのですが、これが現代医療における診断の限界でもあります。
アトピーは、原因が完全に追究されているわけではありません。
つまり、アトピーと診断する決定的な証拠はないのです。
よって、診断はあくまでも推測という事にならざるを得ません。
しかし、仮にアトピーではなく別の皮膚疾患、例えば通常の皮膚炎だったという場合であっても、アトピーの治療を行う事でマイナスにはなりませんのでご安心下さい。

スポンサーサイト