中性脂肪が高いみたい

スポンサーサイト

中性脂肪は、本来体を動かすためのエネルギーの元になります。
しかし、現代日本ではどうしても中性脂肪を摂り過ぎる傾向にあり、その値が高い人も少なくありません。
そうなると、当然健康にとってもよくありませんよね。

 

中性脂肪を減らす上で、基本となるのがやはり食事と運動なんです。
普段の生活習慣を変えていかないと、一時的に症状が改善したとしても、また元に戻ってしまいます。
特に食事は油断していると、脂っこいものやカロリーが高いものを食べてしまいがちです。
そうならないためにも、中性脂肪を減らす成分があるものを食べることがとても大切になります。

 

中性脂肪を減らす成分としてよく知られているものに「EPA」があります。
EPAとはエイコサペンタエン酸のことで、人間に必要な必須脂肪酸のひとつです。
また、体の中で生成されることがないため、食べ物から摂るしかありません。

 

EPAはサンマやサバ、イワシ、カツオ、アジなど魚に多く含まれています。
中性脂肪やコレステロールを減らす働きがあるとされており、ダイエット効果にも期待できます。
日頃から食事にお肉を食べることが多い人は、意識して魚を多めに摂るようにするといいでしょう。

 

その他には、オレイン酸も効果的です。
コレステロールの悪玉を下げて善玉を上げる働きがあり、オリーブオイルを多用している地中海地方では、脂肪を多く含む食生活にもかかわらず冠状動脈疾患などが少ないといわれています。
オレイン酸はごま油や菜種油、オリーブオイルなどに多く含まれています。

 

もちろんバランスをとることが第一ですが、意識してEPAやオレイン酸を摂るようにすれば、中性脂肪を減らす効果が期待出来るでしょう。