中性脂肪が高いみたい

スポンサーサイト

どうしても肉料理が食べたくなったら

メタボ診断などで、中性脂肪やコレステロールの値が高いので減らすようにと言われたことがある人は、食生活が欧米化した現代では少なくないはずです。
中性脂肪を減らすには、肉中心の食事より野菜や魚中心の食事の方がいいと言われています。
そうはいっても、今まで好んで食べていた肉をまったく食べないようにするというのも難しいものですよね。

 

どうしても肉が食べたいという人には、豚肉がお勧めです。
豚肉にはビタミンも多く含まれていますし、脂身の少ないもも肉やヒレ肉なら、それほど中性脂肪も増えないでしょう。

 

その場合、豚肉と一緒に食べたい食材はキムチです。
キムチには「カプサイシン」という辛味成分が含まれており、これが中性脂肪を減らす効果を増幅してくれるのです。
その理由は、血行を促してエネルギーを消費しやすくするためです。
そのため豚肉とキムチを組み合わせれば、中性脂肪を減らす高い効果が期待できるというわけです。

 

作り方も簡単で、一口大に切った豚肉に下味をつけ、フライパンか中華鍋で炒めます。
そこに汁気を軽く絞ったキムチを加えます。
そのまま炒めていき、汁気がなくなってきたら鍋に酒を大さじ1杯加え、最後にネギを散らせば完成です。

 

中性脂肪のことを考えると、肉食より魚や野菜中心の食事をした方がいいと言われていますが、このように脂身のない部位と中性脂肪を減らす効果のある食材を組み合わせることにより、ダイエット中でも過剰な我慢などをする必要がなくなります。
魚中心の食生活をしていて肉がどうしても食べたくなったときには、ぜひ試してみてください。