男性ホルモンを増やす

スポンサードサイト

脂質は肥満につながる成分と敬遠されることが多いのですが、実は男性ホルモンを増やすための成分でもあるんです。
またオリーブオイルなどに含まれている一価不法脂肪酸や赤みの肉に含まれている飽和脂肪酸などが男性ホルモンを増やすことがわかっています。
食事を作る時に、このような脂質を摂取することも一つです。
もちろん、取り過ぎは禁物です。
肥満になるほどに食事で摂っている人が多いのは事実です。
男性ホルモンを増やすとパワーが出てきて、食欲も旺盛になります。
健康の度合いを通り越してしまうのでしょう。
自分の体の状態を管理できない人は男性ホルモンを増やすことなど考えるべきではありません。
ただ、男性ホルモンの減少によって元気がなくなってきたりすることは珍しいことではありません。
これを男性の更年期と呼ぶ人もいます。
日常生活に支障が出るようになると、これは病気の領域になっているかもしれません。
コレステロールを減らすことが重要だと言われていますが、あまり減らし過ぎると男性ホルモンを作ることができなくなります。
いずれにしても栄養バランスを考えることが重要です。
取り過ぎは禁物ですが、少なすぎるのも弊害が出るんです。
健康診断などではコレステロールが悪者とみられがちですが、活力を作るためのエネルギー源でもあるんです。
適度な食欲と適度な運動が男性ホルモンを増やすことにつながります。

安易なサプリメントの服用は避けてください。