男性ホルモンと更年期

スポンサードサイト

女性の更年期障害はよく知られています。
これは閉経によって、その前後の体内のホルモンバランスが崩れることが原因です。
更年期障害は女性にとって避けられませんが、その影響を少しでも抑えることが重要とされているのです。
男性にも更年期障害があると考えている医師は少なくありません。
しかし、男性の場合は女性のような明確な体の変化があるわけではありませんから、更年期と呼ぶことが適切なのかどうかは微妙でしょう。
ただ、年齢とともに男性ホルモンの減少は医学的にも証明されており、それを補うことが健康作りに重要であると言われています。
疲れやすくなったとか、セックスの元気がないとか、EDなどが男性の更年期と言われています。
具体的な症状は人それぞれですが、体内の変化として男性ホルモンの減少があるのです。
スタミナ料理を食べることで元気が出るのは体内で男性ホルモンを増やす効果があるためだと言われています。
上質の肉を食べればおなかが出っ張るのではなく、筋肉の元が作られるのです。
食事を難しく考える必要はありません。
元気の出そうな食事が男性ホルモンを増やすと思ってください。
年齢とともにあっさりした食事が好きになる人が多いのですが、元気な人は朝から肉を食べています。
その食事の違いが男性ホルモンの差となり、外見からもわかります。
毎日鏡を見て、自分がどのくらい年を取ったか確認してください。
肉を食べることで、若返ることを期待しましょう。

いつまでも元気な男性でありたいものです。