吃音の治療

スポンサーサイト

現代において吃音の治療方法は確立していません。
それでもクリニックなど吃音を改善しようとする試みは行われているのです。
吃音で悩んでいる人にとっては、お金を出せば治療してくれるのであれば是非とも受けてみたいと思うからです。
誰か自分の吃音を治してほしいとずっと考えていることでしょう。
吃音の人は全人口の1%から5%程度と言われていますが、吃音の定義でも異論がありますから、正確な数字は出ていません。
また、吃音の程度も様々です。
重症な人から軽症まであり、本人がどう考えているかによって悩みのレベルが変わるのです。
幼児期であれば、ほとんど悩みません。
しかし、思春期になるに従って、悩みは大きくなって行きます。
吃音のせいでいじめに遭っている人も少なくないでしょう。
誰も悪くありませんが、早く吃音治療が確立してほしいものです。
吃音で悩んでいる人でも歌を歌うことはできます。
したがって、精神的な要因が吃音に関連していることは間違いありませ。
周りの人が吃音に対してどのように対応するかも重要です。
家族であれば、吃音を治してやろうと思うので、ゆっくり話すように指摘するでしょう。
しかし、会社などではそれを待っている時間はありません。

そのため仕事ができないというレッテルを張られることが少なくないのです。
しゃべらなければ何でもできる人が、吃音というだけで差別されてしまうのです。
吃音は日本だけの症状ではありません。
世界中で同じ悩みを持っている人がいるのです。