吃音の治療

スポンサーサイト

吃音を治療することを考えるか、吃音のままで上手くいく方法を考えるかによって対応は大きく変わってきます。
残念ながら吃音の治療法は見つかっていません。
個別に克服した人はいますが、それがほかの人にも当てはまるとは限らないのです。
吃音で悩んでいる人に対するアドバイスとして、吃音を必要以上に気にする事はないという事でしょうか。
吃音だと言われなければ周りの人にもわからないような軽い吃音の人もいます。
しかし、当人は大きな悩みを持っている事が多いですね。
小学校時代などは吃音のことを人に指摘されて、コンプレックスを持ってしまうことも少なくありません。
しかし、大人になるにしたがって、周りの人が吃音に気づいて、それなりに対応してくれるのです。
それはメリットとデメリットがあり、デメリットを強く感じてしまうと吃音が大きな悩みとなります。
吃音を治療するか、吃音とうまく付き合っていく方法を考えるかは重要です。
ただ、正解はないということなんです。
治療法がないわけではありませんが、確実に治すことはできないのが現状でしょう。
会社や学校での面接の前日には、吃音の人はとても大きなプレッシャーを感じてしまうでしょう。
それがさらに吃音を強くしてしまうのです。
心理的な要素も少なくありませんが、それだけでは解明できないことが多いのです。
ゆっくりと発音すれば、詰まらずに話すことができるかもしれませんが、その時の雰囲気でゆっくり話すことが出来ないんで吃音の悩みは終わりません。