動脈硬化の手術

スポンサーサイト

動脈硬化の中でも「粥状硬化」の場合、大量のコレステロールエステルが含まれたドロドロとした脂質のかたまりである「粥腫」ができ、血管の中が狭くなって血液が通らなくなっている場合には、改善方法として手術を行うこともあります。

 

動脈硬化の手術は、細くて柔らかい管状の器具のカテーテルを用いた手術「カテーテル手術」で、血管を拡げて血液の流れを回復させたり、狭窄や閉塞した血管を迂回したりする管を作る「バイパス手術」が行われます。

 

カテーテル手術は、足の付け根や手首、ひじなどに小さな穴を開けて、カテーテルを血管に通し、狭くなっている動脈まで挿入させて治療する改善方法です。カテーテルの中には、細い針金が通っていて、この針金で異常のある部分を治療するのです。カテーテルを入れて、細くなったり詰まったりした血管を正常な状態に戻します。また、カテーテル手術は、小さな穴を開けるだけなので、開腹手術に比べて体への負担もかなり少なく回復も早いです。

 

バイパス手術は、詰まったり狭くなったりしている動脈の前後に、正常な血管を切り取ってつなぎ合わせて、血液が十分にいきわたるように血流の迂回路を作る手術です。切り取る血管は、手や足の血管や、心臓や胃の近くなどの血管から採取します。バイパス手術が行われるのは、多くの血管が詰まっていたり、動脈の入口の辺りが詰まったりふさがったりした場合で、カテーテル手術や薬による治療では効果を望むことができない場合です。また、バイパス手術は、開腹する必要があるので、カテーテル手術と比べると回復する時間も長くなります。

スポンサーサイト