脂肪に注意

スポンサーサイト

脂肪に注意

動脈硬化を治すための食生活の改善方法には、動物性脂肪の摂りすぎなどにも注意することもあります。

 

動物性脂肪を多く含んでいる、肉や油、バター、乳製品などを摂りすぎると、動物性脂肪に含まれている「飽和脂肪酸」によって、血中コレステロールが増えてしまいます。そして、「高脂血症」になって、動脈硬化を引き起こしたり進行させたりする原因となるのです。それでは、動物性脂肪を減らす食生活にするための改善方法を紹介します。

 

調理に使用する油は、できるだけ植物性のものを選びましょう。植物性脂肪や魚の脂に含まれている「不飽和脂肪酸」は、悪玉コレステロールを減らして、動脈硬化を予防する働きがあります。ただし、動物性脂肪も体には必要なものなので、動物性脂肪と植物性脂肪や魚の脂の割合を、1対2で摂取するようにしてください。また、植物性脂肪が体に良いからと言って、摂り過ぎはよくありません。植物性脂肪も摂りすぎると、アレルギー体質になったり、酸化しやすいのでがんの原因になったりするのです。

 

また、油の使い方で注意したいことは、一度使った揚げ油をまた使う場合は早めに使い、日にちが経って酸化してしまっているものは使用しないようにしましょう。

 

肉を食べる時は脂身を控えることが大切なので、ささみなど脂身の少ない肉を選ぶと良いでしょう。青魚は植物性脂肪が含まれていますし、中性脂肪を減らす効果もあるのでおすすめです。特に、外食の場合、家庭で調理する食事よりも多くの脂肪分が含まれていることがほとんどですし、どれだけ動物性脂肪を使用して調理しているかわからないので、肉料理を避けて魚料理を選ぶようにしましょう。

スポンサーサイト