食物繊維で動脈硬化を予防

スポンサーサイト

食物繊維で動脈硬化を予防

動脈硬化を予防するための食事の改善方法として、食物繊維をしっかりと摂ることも大切なんです。

 

食物繊維は、私たちの体内に入ると、中性脂肪やコレステロール、脂質などが腸の中で吸収されるのを抑えて、胆汁酸を吸収して便として体の外へ出してくれる働きがあります。体内では、排出された分の胆汁酸をまた作ろうとしますが、その時に、血中コレステロールを使うため、食物繊維が血中コレステロールの減少につながるのです。

 

血中のコレステロール値が高いと、高脂血症になって動脈硬化が進行してしまいます。そのため、食生活の改善方法として、食物繊維を考えた食事を摂ることが大切なのです。

 

食物繊維は、1日20gを目安に摂取しましょう。食物繊維は、水に溶けやすい「水溶性食物繊維」と、水に溶けにくい「不溶性食物繊維」がありますが、基本的に、私たちの体を健康に保つにはどちらも大切です。ただ、コレステロールの吸収を抑制したり、減らしたりするのが早いのは、水溶性の食物繊維です。

 

でも、水溶性食物繊維も不溶性食物繊維も、コレステロールの値が増えるのを抑制したり、減少させたりする働きがあるので、どちらも積極的に食べるようにしましょう。食物繊維を多く含む食品は、野菜、果物、豆類、芋類、穀物などですが、特におすすめなのが、きのこ類と海藻類です。

 

また、中性脂肪が高い人の改善方法として、脂肪分を減らす食生活が必要ですが、それと同時に、中性脂肪を排出する効果のある食物繊維を多く摂取することを心がけましょう。たとえば、揚げ物を食べる場合、先に添えられた千切りキャベツを少し食べることで、揚げ物の油をキャベツが吸着して消化を助けてくれるのです。

スポンサーサイト