運動による改善方法

スポンサーサイト

運動による改善方法

動脈硬化の治療は、基本的には生活習慣の改善です。その改善方法をしっかり守れば、ほとんどの場合、動脈硬化の改善効果が得られます。ここでは、運動についての改善方法を取り上げます。

 

運動を殆んどしてなかった人の改善方法としては、「1日1万歩」を目標にして歩くようにしましょう。1万歩絶対に歩かないといけない、というわけではなく、毎日続けることが大切なので、歩けるところはできるだけ歩くようにして、普通よりやや早歩きで姿勢よく歩くことがとても大切です。

 

また、有酸素運動は心筋梗塞 や狭心症などの心臓の病気を予防することができるので、ウォーキングやジョギング、サイクリング、水泳、ラジオ体操などを週3〜4回30分以上行うこと良いです。時間がない人は、10分程度の有酸素運動を1日に何回か行っても効果はあるので、空いた時間や気づいた時に歩くようにしましょう。

 

運動をすると、中性脂肪が減り善玉コレステロールが増え、内臓脂肪を減らすことができます。また、運動によって血管機能が改善され、血のかたまりをできにくくします。さらに、ストレスの解消にもなります。

 

しかし、運動をしなければならない、と頑張り過ぎてしまうと、逆にストレスが溜まってしまうので、運動は自分ができる範囲で行いましょう。

 

さらに、患っている病気によっては、運動を禁止しなければならない場合もあります。その場合は、運動を行う前に、必ず医師の指示が必要です。また、その時に体調によって、運動をしてはいけない場合もあります。体温が高い時、動悸やめまいがする時、全身がだるい日などは、自分の体調をよく確認してから、運動をするか決めましょう。

スポンサーサイト