赤ちゃんが欲しい

スポンサーサイト

「結婚したら赤ちゃんを授かってママになる」という一般的な女性の夢を叶えられない方もいらっしゃいます。
最近では、妊娠したくてもなかなか妊娠できないカップルも増えているんです。
妊娠することは、とてもデリケートであり、神秘的なことですから、心の状態も影響してくるようです。

 

ですから、不妊治療が長く続いてもう嫌になったが「諦めたころに赤ちゃんができた」という話も良く聞きます。
不妊とは、どのような状態を言うのかと申しますと、避妊をせず2年以上、妊娠しない場合だそうです。
日本では妊娠を望む方の10パーセントが不妊症だというデータもありますので、不妊で悩む方は意外と多いことがわかりますよね。

 

不妊治療の流れとして、タイミングを見てセックスすることを勧められるタイミング法や、重症の場合は体外受精など、いろいろな治療方法がありますが、できることなら二人で解決したいと思っているカップルも多いはずです。
そして、西洋の治療方法だけが不妊治療ではなく、東洋医学を考えてみてもよいと思います。

 

例えば、不妊治療の流れのひとつとして、鍼灸治療という選択肢もあります。
鍼灸は様々なカラダのトラブルに効果がありますので、妊娠を促すためにも使える治療方法なのです。
鍼灸治療とは、ご存知の通り、鍼やお灸でツボを刺激し、血行促進、疲労回復など、身体のコンディションを整えてくれます。
そもそも不妊症は、生殖機能に問題がある方もいらっしゃいますが、多くはカラダの状態が良くなくて妊娠できる可能性が低くなっていることも考えられます。

鍼灸院での不妊治療記事一覧

鍼灸院での不妊治療続きその1

例えば、ストレスが溜まっていたり、血行不良だったり、不健康なカラダが自然な妊娠を遠ざけていることなどもあるのです。ですから、不妊治療の流れとして、まずは健康な体を取り戻すことが大切であり、それで、自然に妊娠できるようになると言われています。鍼灸で不妊治療を受ける方のなかには、先に西洋の不妊治療を受け...

≫続きを読む

鍼灸院での不妊治療続きその2

不妊治療で鍼灸院へ通いたいと思っている方は、あなたにとって、話しやすい、相談しやすい、落ち着く、そんな場所になることが大切です。また、施術を受けている際、触れられた際に、心地よいと感じられることも重要です。不快な思いが少しでも起こる場合は、自分に合っていない治療院だと思ってよいでしょう。鍼灸治療では...

≫続きを読む

スポンサーサイト