赤ちゃんが欲しい

スポンサーサイト

不妊治療の流れで、病院ではいろいろな改善方法や治療を行ないますが、病院での治療だけに頼ることなく、自分でも食生活などに気をつけるなど体質改善をしていくのも良いでしょう。
例えば、毎日、特に考えず食事をしている方は、食べるものに気をつけるだけでも体が徐々に改善されてきます。

 

食生活に気をつければ、妊娠しやすい体に近づくこともできるでしょう。
女性の多くは、冷え症に悩んでいるようですが、冷えは血行不良も起し、様々な疾患の原因になります。
まさに万病の元ですから、当然ながら妊娠したい方にとって、冷えはよくないことです。

 

冷えが続くからだは、妊娠のための良い卵子が育つことにも悪影響が出ます。
また、受精後の着床がスムーズに行かないなど、様々なトラブルが起こってしまうものです。
不妊治療の流れとして、原因によっては薬を投与する方法もありますが、まずは、自分で出来る事をやってみるのも一つの方法でしょう。

 

体を温める食材や、血行を促進する食べ物などを、積極的に食べるだけでも体質は徐々に変わってくるでしょう。
当然ながら、食生活に気をつけることは、妊娠することだけではなく、体質改善、健康維持にもよいことです。
体を温める食べ物として、昔から有名なものは、根菜類です。

 

例えば、ニンジン、レンコン、ゴボウ、大根など、また、ショウガ、ネギ、にんにくなどもそうです。
大豆製品の味噌や納豆も体を温めてくれますし、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促す成分が入っている大豆は女性にとって積極的に摂取したい食べ物です。

不妊治療と食生活記事一覧

不妊治療と食生活続きその1

エストロゲンは、子宮内膜を厚くしてくれる効果が期待できるので、妊娠したい方には特によい食材でしょう。不妊によい食べ物として、フルーツでは、梅やクリ、りんご、サクランボですので、不妊治療の流れのひとつとしてご自分で意識して食べるとよいでしょう。血行を促進するための食べ物は、玉ネギ、ニンニク、ショウガで...

≫続きを読む

不妊治療と食生活続きその2

不妊治療の流れのなかで、男女とも食生活に気をつけることは、体質改善にもなりますのでとてもおすすめです。食材のなかでも、これを食べれば妊娠できるというような特別なものはありませんが、なるべく避けたほうがよいもの、すすんで食べたほうが良いものを知っておくことは大切でしょう。妊娠率が高くなる食べ物として乳...

≫続きを読む

スポンサーサイト