赤ちゃんが欲しい

スポンサーサイト

不妊治療と年齢とは密接な関係があります。
若い方ですと不妊に悩んでいても、子どもを生める年齢が差し迫っていなければ気長に妊娠を待つこともできるでしょうが、年齢が高い方はすぐにでも妊娠して出産したいという方も多いです。

 

高齢出産は体にも危険を及ぼす場合もありますし、様々な問題が出てきますので、女性の年齢と出産は深い関係があります。
不妊治療の流れで受ける検査に、卵巣の年齢を調べる検査があります。
通称、AMHと呼ばれている検査です。

 

女性は何歳になっても子どもを生めるというわけではなく、やはり適した年齢があります。
そして、加齢は卵子や卵巣の健康状態と密接な関係がありますので、実は実際の年齢より卵巣年齢がかなり重要になってくるのです。
不妊治療の流れとして、卵巣が元気かどうか、それを知る指標としてAMH検査が行なわれます。

 

これは、アンチミューラリアンホルモン検査の略です。
このホルモンは、発育卵胞から分泌されるもので、これでわかる数値が卵巣にある卵子の数と関係が深いことがわかっています。

 

ですから、この検査で卵巣の機能を計れば、だいたいの卵巣年齢を知ることができるのです。
検査方法は血液検査ですから、とても簡単なものです。
卵巣年齢がわかれば、不妊治療の流れとして、その治療プランで参考にすることができます。

 

AMHの数値が高いと、卵子の数が多いということになり、数値が低いと、卵巣に残る卵子が少ないということです。
この検査結果は、数値で出ますが個人差が大きく、年齢に合った数の卵子を持たない方もいらっしゃるのです。

不妊治療と卵巣年齢記事一覧

不妊治療と卵巣年齢続きその1

例えば、年齢が若くても、AMHの数値が低い人もいます。また、中年層であっても、数値が高い方もいますので、実年齢とは関係なく、卵巣年齢が若ければ妊娠も可能となるでしょう。数値が低いほど、妊娠しにくい状況ですが、イコール、不妊ということではありません。妊娠は、卵子の数が多ければ良いというものではなく、卵...

≫続きを読む

不妊治療と卵巣年齢続きその2

卵巣の卵の数を努力で増やすことはできませんが、その限られた卵が妊娠しやすくすることはできるでしょう。質の良い卵巣を育て、妊娠しやすくすることは可能です。例えば、不妊治療の流れで高度な治療となると、卵巣を刺激し採卵する成熟卵を増やすこともできます。こうすることで、増えた卵子のなかから、より質の良いもの...

≫続きを読む

スポンサーサイト