赤ちゃんが欲しい

スポンサーサイト

例えば、年齢が若くても、AMHの数値が低い人もいます。
また、中年層であっても、数値が高い方もいますので、実年齢とは関係なく、卵巣年齢が若ければ妊娠も可能となるでしょう。
数値が低いほど、妊娠しにくい状況ですが、イコール、不妊ということではありません。

 

妊娠は、卵子の数が多ければ良いというものではなく、卵子の質が大切です。
また、不妊治療の流れとして、卵巣年齢を知るため、FSH基礎値、いわゆる卵胞刺激ホルモンを計る方法もとられていました。
ですが、こちらの検査は周期によって、変動が大きいので、最近ではFSHよりもAMHを参考にする病院も多いそうです。

 

卵巣年齢がわかれば、治療を早くしなければならないとか、ゆっくりで大丈夫だとか、治療の参考となるでしょう。
実は、30代前半でも、AMHがゼロに近い方もいらっしゃるそうです。
そして、40代でも高い数値の方もいらっしゃるので、卵巣の老化スピードは人によって大きく差が出ています。

 

ですから、実際の年齢で妊娠を考えるよりも、卵巣年齢で妊娠を考えたほうよいのです。
不妊治療の流れで、次の治療へステップアップするタイミングを考えるときに、急いで妊娠したほうがよい方、急がなくて良い方もわかります。
この卵巣年齢によって早くステップアップするか、どうか判断することができるのです。
不妊治療の流れのなかでも、自分に不必要な治療まで受けたくないでしょうから、自分に合った治療を受けるためにも卵巣年齢は重要となってくるでしょう。

スポンサーサイト

関連ページ

不妊治療と卵巣年齢続きその2
卵巣の卵の数を努力で増やすことはできませんが、その限られた卵が妊娠しやすくすることはできるでしょう。