赤ちゃんが欲しい

スポンサーサイト

不妊治療の最初の検査で、タイミング法で妊娠できる可能性が無いとわかった場合、次のステップとして、人工授精となります。
人工授精とは、精子を人工的に子宮の奥まで送り込む方法です。
排卵している女性は、自然周期で人工授精を行い、排卵しない場合は、排卵誘発剤を使って排卵を促進し、人工授精を行ないます。

 

人工授精でも妊娠できなかった場合、次のステップとして、高度生殖医療が行なわれます。
高齢の方など急いで妊娠させなければならない場合や、不妊症状が重い場合は、不妊治療の流れとして、より妊娠率が高い方法を用います。
高度生殖医療と呼ばれるもので、体外受精などの方法があります。

 

体外受精は、精子と卵子を、体外で受精させ、受精卵を子宮に戻す方法です。
顕微授精は、体外受精を試みても妊娠しなかった場合、さらにステップアップさせた方法です。
重度の精子減少症などの場合に用いられる方法が顕微授精なのです。
顕微授精は、体の外で受精させることから、体外受精のひとつだともいえます。

 

体外受精は、精子と卵子を自然に受精させることを言いますが、顕微授精は、人工的に卵子の中へ精子を注入し、受精させることですから、さらに、人工的な方法だと言えるでしょう。
不妊治療の流れの中で、体外受精から、さらに一歩踏み込んだ治療になっています。
ほかにも、GIFT法は、精子と卵子を一緒に卵管内へ戻す方法で、ZIFT法は、受精した精子と卵子を卵管内に戻す方法です。

スポンサーサイト