肺がん

 
「肺がん」と言う言葉を聞いた事が有ると思います。ガンの1つで肺に出来るガンの事を指しています。日本ではこの肺がんにかかる人がとても増えていて、ここ数年でも結構な割合で増えているそうです。

そもそも肺は人間の機能の中でも呼吸をする機関となっているんです。通常に私達が行っている呼吸は肺に取り込まれます。そこから酸素が体内に取り込まれて行きます。

この時、肺に入る前に気管を通って肺に入っていきます。肺は左右二つ有りますのでどちらにも取り込まれていきます。そこから更に気管支に入っていき酸素と二酸化炭素に分ける為の肺胞に入っていくと言う事になります。そして不要となる二酸化炭素を口から出すと言う仕組みになっています。

肺胞は大人で2〜7億個とたくさん有り、そのたくさんの肺胞が集まった物を肺と呼んでいます。こうした肺に出来た肺がんと言うのは、肺にまつわる気管、肺胞、気管支と言った各気管の細胞がガンになった物を総称して指しています。

早期発見となるならば治療で治す事が可能だと思うのですが、治療が遅れて進行して行くとガンになった周りの細胞までガン細胞に破壊されていき、ガン細胞が増殖して行く事になります。そしてガン細胞はリンパや血液などに入って身体全体に広がっていく様になるのです。肺がんは最悪死に至る怖い病気ですので、早期発見早期治療を心掛けたい所です。その為に定期的に健康診断をする事が望ましいとされています。肺がんに対する正しい知識を持って臨む様にしましょう。