肺がんTOP > 肺がん症状等 > 生存率について

生存率についてについて

 
近年、ガンにかかる人が増えていると言います。肺がん、胃ガン、乳ガン等、色んなガンなどが有ります。実際にガンになった場合、考える事は治療後の生存率だと思います。

例えば「5年生存率」ですが、肺がんなら肺がんの治療スタートから5年後に患者がどの様な状態であっても生きている人の割合を表している物になります。よく生存率と言うと完治した状態の事を指していると思われがちですが、再発していても治療中えあっても末期状態だとしても生きている事を指しているんです。

また生存率は基準として5年がよく使われていると思いますが、この5年間で再発や転移が無ければ、ガンが完治した確率が高いと言う所から5年を基準としている事が多い様です。状態が悪ければこの何年と言う年数も短くなっていきます。

例えばステージ4以降の末期であれば使われる生存率は1年の事が多いと言う感じです。生存率の期間を過ぎて再発も転移も無ければ概ね大丈夫だろうと思いますが、10年経って再発する事も考えられますので、一概に大丈夫と言い切れなくなります。あくまでも生存率は目安として捉えておくのが一番良いかもしれませんね。

どうしてもガンになってしまうと「死」が近付いている様な感じがしてしまいますから、こうした生存率で安心を得たいと思う気持ちは分かります。しかしその結果が精神的に与える影響は大きく、治療の活力にも妨げにもなるんだと言う事しっかりとは覚えておきましょう。
 

肺がん症状等記事一覧

喫煙以外の肺がんの理由

主に挙げられる肺がんの理由として喫煙が有りますが、それ以外にも肺がんになってしまう理由は有ります。一番懸念されるのは「遺伝」ではないかと思います。家族や親族で肺がんになった...

肺がんで生じる症状

一括りに肺がんの症状はこうだと言う事が出来ず、ガンが出来る部位がどこかによって現れる症状も変わってくるそうです。但し大きく分けると肺がんは2通り有って肺門型と肺野型と言うタイプが有...

肺がんで生じる症状【初期症状】

肺がんは症状として身体に現れにくく、気が付いた時には既に進行がかなり進んでいたと言う場合が多いです。その為に自分では気が付きにくいのであまり肺がんだと言う自覚が無い人が多いのですが...

肺がんで生じる症状【末期症状】

怖い事ですが肺がんも治療が遅れてしまった場合、既に末期になっている可能性も高いと思います。末期になるとどの様な症状が出てくるのでしょうか。症状が感じられにくい肺がんですが、...

モルヒネを使うと言う事

肺がんだけに限らず、何のガンで有ったとしても末期状態になると痛み、苦痛などが生じてきます。こうした苦しみを少しでも緩和させる為の治療方法としてモルヒネ等を使う治療方法が有ります。 ...

生存率について

近年、ガンにかかる人が増えていると言います。肺がん、胃ガン、乳ガン等、色んなガンなどが有ります。実際にガンになった場合、考える事は治療後の生存率だと思います。例えば「5年生...

自宅で肺がん検診をしてみましょう

定期的に肺がん検診を行う事は、早期発見早期治療に繋がります。早期治療が出来ると言う事は完治の見込みも充分に有ると言う事なんです。肺がんは特に症状が出にくいと言われています。...

一般的な肺がんの予防について

どうすれば肺がんを予防する事が出来るのでしょうか。先ずは予防よりも前に肺がんとは何か、治療はどうするのか、早期発見する事、早期治療をする事がどれだけ大切なのかと言う事をよく理解する...

肺がん予防の為の食事

野菜、お茶、フルーツと言った食材が肺がん予防効果が有る食べ物だと言われています。特に野菜の中でもブロッコリーやキャベツは効果的だそうです。これらの食べ物にはフラボノイドと言...