貧血と血圧

スポンサードサイト

血圧の低下によってどのような症状が現われるでしょうか。
脳への血液が不足して立ちくらみやめまいがします。
ただこれは貧血とは違います。

 

多くの人が貧血は立ちくらみのことだと思っていますが医学的には別のことなんです。
つまり、血圧は血液の流れが良いかどうかと言うことですし、貧血とは血液中の成分の量の異常を示しているんです。
ただ、貧血によって酸素の供給量が減少しますから、血圧低下と同じように立ちくらみを起こすことがあります。

 

そのため、多くの人が勘違いをしているようです。
あなたは本当に貧血でしょうか。
まずは病院で検査をしてもらいましょう。

 

貧血の場合、ヘモグロビンや赤血球が減少しています。
基準値を下回ると貧血と判断されますが、基準値より高くても標準よりも低い場合は
何らかの体の不調になることが多いと言われています。

 

特に女性の場合は血の巡りが悪いため、貧血の症状を起こしやすいのです。
女性特有の病気と考えることもできますから、男性が貧血を起こしていると何らかの病気がある確率が高いと言えます。
貧血は自分の体調なのだと考えるのではなく、改善することを考えなければなりません。

 

そのために具体的な対処法を見つけましょう。
自分の症状に合わせた対処法を調べてみてください。
病院で相談するのもいいでしょう。

 

ただ、悩んでいることをできるだけ具体的に説明することを心掛けましょう。
どのくらいの期間、めまいが続くのか、週にどれくらいの頻度なのかと言ったことです。

貴方の身体病んでいませんか?