インフルエンザの予防

スポンサーサイト

インフルエンザの予防のため、インフルエンザについても知っておきたいことがあります。
そんなインフルエンザ豆知識のご紹介です。
まず新型インフルエンザってなんなのでしょう。

 

冬には新型インフルエンザと騒がれることも多いようですが、この新型インフルエンザとは幾つものインフルエンザウイルスの中で、新しく人同士で伝染することができる力を得たウイルスのことを言います。
インフルエンザは毎年のように、今までの古いタイプの型と一緒になった新型が増えてくるのです。

 

そのため誰も免疫がないためインフルエンザの予防接種をするわけです。
次にワクチンがあるにもかかわらず、どうしてこんなにインフルエンザが流行するのか。
それはワクチンをつくるときには、その年に流行するであろうウイルスの型を予想して作るため、当たるときばかりではありません。

 

外れたときにはある程度流行してから、その型の予防接種を行うことになるため、どうしても流行にも波が出てしまいます。
では次は風邪とインフルエンザの違いについてです。
インフルエンザは一般的な風邪とは違い、発症が急激であること、症状が強いこと、高熱、倦怠感など普通に生活ができないほどです。
風邪でもひどいときにはこのようなこともありますが、せいぜい2日か3日で熱は下がっていきます。
しかしインフルエンザは5日から1週間は高熱が続くこともあり、辛い症状は大体1週間続くのです。
風邪は薬で炎症を抑え熱を下げることができますが、インフルエンザは薬を飲んでもやはり1週間程度熱が下がらないことがほとんどです。
じっとした安静にしていることが大切です。

 

スポンサーサイト



貴方の身体病んでいませんか?