辛い花粉症を軽減

 
春頃、早ければお正月過ぎあたりから目が痒くなったり、くしゃみや鼻水が出てきたり、そんな症状の事を花粉症と言いますよね、テレビの天気予報でも春位になると花粉予報をする様になる等、私達の生活の中に花粉が入り込んでいるのは間違い有りません。でも実際に花粉症って何の事なんでしょうか。花粉症とは色んな植物の花粉が身体に入り、それが原因となって起こってしまうアレルギー性の病気の事を指しています。症状としては色々有りますが主には鼻炎と結膜炎と言った感じでしょうか。花粉予報を見て「今日は花粉が多いです」となると症状が強く現れるみたいで、花粉症の人にとっては花粉予報というのは天気予報と同じ位大切なものみたいです。
人間の身体は外部から異物が侵入すると退治してくれる免疫反応を持っています。その異物が細菌やウィルスと言った物ならば免疫反応は有効的に活躍してくれるのですが、花粉等、日常的に周りにあるものであるならば「アレルギー」という形で出てしまう事になります。そうした物が花粉症、食物アレルギー、ハウスダストアレルギーと言う物なのです。そして異物の事を「抗原」と言うのですが、一度抗原が体内に侵入してしまうと抗体を作り出してしまいます。その抗体がヒスタミンと言うアレルギーの原因物質を放出させてしまうのです。と言う訳でアレルギーが身体に反応して出てくると言う事になります。それが花粉の場合は花粉症と言うアレルギーになる訳です。