風邪予防

スポンサーサイト

寒い季節になってくると、色んな所でマスクをしていたり、「ゴホゴホ」と苦しそうに咳をしている人を見かけると思います。
それが一般的に言っている「風邪」になります。
風邪を引く仕組みとしては、鼻や喉、気管等に様々な細菌やウィルスが入り込む事で炎症を引き起こしてしまったり感染しまったり、
それによって引き起こされる色んな症状が起こる病気の事を指しています。

 

これだけだと細菌やウィルスなどが体内に侵入してきて起こる症状と言う様に感じますが、
身体に入ってきたウィルス等を体外に排出しようとして身体が起こす反応も風邪の症状で出る事も有ります。
一般的には鼻水が出たり、喉が痛くなったり、咳が出たり、熱が出たりと言った症状が風邪の症状ですが、
人それぞれの体質によって出てくる症状も違ってきます。意外と風邪を軽んじる人が多い様に感じます。

 

しかし「風邪は万病の元」と言う言葉も有る様に、風邪が悪化して色んな病気を引き起こしてしまう可能性も有ります。
ですから風邪を引いた場合にはしっかりと治す様にする事がとても大切になると思うのです。
また風邪を引かない様に予防をする事も大切です。生活習慣や食べ物等で風邪の予防が出来るみたいですが、
基本的には身体の免疫力を高める様にする事が大切になります。

 

風邪は何も冬の寒い時だけ引く訳では有りません。夏風邪も有りますし、普通の風邪よりたちが悪いインフルエンザ等も有ります。
悪化して肺炎を起こす事も考えられますので、そうした病気にならない為にもしっかりと予防する事が大切になります。

スポンサーサイト


貴方の身体病んでいませんか?