血液循環とお風呂その3

スポンサーサイト

お風呂の注意点は、空腹や満腹時は避けた方が、体力を消耗したり、消化を邪魔したりしません。

 

食事の後は、時間を置いて入浴するようにしましょう
そうかと言って、忙しい朝、お風呂に入るなら、起きてすぐでしょうから、空腹でも仕方ありませんよね。

 

私はお風呂にモーニングコーヒーを持ち込んで飲みながら入浴しています。
夏はもちろん、アイスコーヒーです。
こうして私は、毎朝、入浴して血液循環ばっちりで仕事に出かけています。

 

また、血液循環を良くするには、お風呂に浸かりながら、さらに軽く運動をすると良いんです。
ぬるめの湯船に浸かっているときに、首をゆっくり回したり、肩を回したり、背筋を伸ばしてみたり、いろいろと出来ますよね。

 

筋肉が温められていますから、ストレッチをすることで、筋肉はほぐれてきますから血行が良くなり、血液循環がスムーズになります。
お風呂の中で体をストレッチすること、これを日課にしてしまいましょう。

 

それから、血管の作用を使った血行促進方法があります。
血管と言うものは、体が温まると、拡張して、体が冷えると収縮するようになっています。
この血管の拡張、収縮の作用を利用すると、血行不良が改善されるのです。

 

よく、サウナ上がりに冷たいシャワーを浴びる人がいますが、まさにあの行為と同じです。
血管を拡張、収縮させるため、お湯とお水を交互に浴びることが良いのです。
水と言っても冷水だと体に負担を与えてしまいますから、20度くらいで十分です。

スポンサーサイト



貴方の身体病んでいませんか?

関連ページ

血液循環とお風呂その2
お仕事で疲れた体をゆっくりと癒すべく、お風呂にゆっくり入り、血行促進し、体中の血液循環をさせて疲れも取りましょう。 そうすれば、ぐっすりと眠れることでしょうね。
血液循環とお風呂その4
肩がこっていると思ったら、熱めのシャワーを肩に浴びせて、次に20度くらいの冷たいシャワーをあてます。 何度か繰り返すと、血行が促進されますので、さらに、お風呂に首まで入って体を温めてくださいね。 このように拡張、収縮を繰り返すと血管に柔軟性が出て強くなります。