血液循環を良くする呼吸その2

スポンサーサイト

交互にバランス良く自律神経が働けば良いのでしょうが、ストレスなどで、心も体も緊張状態が続き、交感神経ばかり優位になってしまうことがあります。
このような状態ですと、血液循環に問題が発生してしまいます。

 

ストレスがかかりますと、体は交感神経をずっと緊張させ続けていますから、緊張状態の時、体は筋肉に血液を多く送ります。
そうすると、内臓へ送られる血液は、通常より少なくなってしまいます。

 

これでは、体の中の血液循環が偏ってしまい、血行不良な箇所が起こりやすくなります。
ちなみに「冷え」という症状も同じように起こります。
一部には多くの血液が送られているけれど、一部では血液が足りない、つまり、体全体で見ると、血行は決して良くない状態なのですね。
本来、血液は、体の末端まできちんと流れていなければならないものですからね。

 

このように交感神経が優位になり続けていると、血行不良も起こり体は疲れきってしまいます。
例えば、大勢の前でスピーチするなど、緊張するシーンが数分でも続けば、気持ちも体も疲れるものです。
私達は少しだけ緊張する時間があっただけで、どっと疲れるものですよね。
そんな緊張した状態が、知らず知らずに体に起こっていたら、それはかなり疲労することでしょう。

 

そして、血行不良によって、体温も下がりますし、体温が下がった体は、免疫力も低下してします。
ご存知のように免疫力が下がれば、さまざまな病気にもなりやすいですね。

スポンサーサイト



貴方の身体病んでいませんか?

関連ページ

血液循環を良くする呼吸その3
そういえば、体温が上がれば免疫力が上がるというテーマの本が、ベストセラーになる現代ですから、多くの人が、自分の健康について興味を持っているのだと思います。 「ストレスをためることは、体にも心にも悪いこと」だと言われていますが、ふたを開けてみるとこのような体の機能と関係しているんですね。 そこで、ストレスによる血行不良は、自ら改善することが大切です。
血液循環を良くする呼吸その4
呼吸と副交感神経、それから、血液循環、これらが深い関係があることがわかると、ヨガなどで実践されている呼吸法は正しいものだということが理解できると思います。
血液循環を良くする呼吸その5
そのために、いつでもどこでも自分で出来る、呼吸のコントロール方法をご紹介します。 息を吸っている時間の倍かけて、息を吐く事がポイントです。 息を吸える時間は人によって違ってくると思いますので、「いち、に、さん」と自分でカウントしながら、やってみてくださいね。