血糖値

 
健康で長生きをしたいと考えているのであれば、血糖値コントロールなどが重要となります。
血糖値が高くなると糖尿病にかかってしまうのです。
一度かかってしまうと、それを改善することは容易な事ではありません。
そのために血糖値コントロールによって、正常な範囲に抑えておくのです。
糖尿病の疑いのある人は、日本全国で約800万人もいると言われています。
また、その予備軍を加えますと1,500万人を越えています。
もはや糖尿病は国民病と言っても過言ではありません。
40歳以上の人では10人に1人が糖尿病またはその予備軍だと言われています。
糖尿病に深い関係のあるものが血糖値です。
血糖値のことを少し説明しましょう。
食べ物として体の中に入る糖分はブドウ糖となって、血液中に入ります。
血液中の状態を血糖と言います。
もちろん、この血糖は体を動かすためのエネルギーですから、なくてはならないものです。
しかし、過ぎたるは及ばざるがごとしのたとえ通り、多すぎると様々な弊害をもたらします。
血糖は日常生活で消費される分はエネルギーとなっていきます。
しかし、余分な糖は脂肪となって肝臓などに蓄えられるのです。
血糖値はどのくらいの値なのでしょうか。
健康な人で70〜130と言われています。
時間によって変動しています。
また、年齢が高くなるにしたがって高くなる傾向にあります。
空腹時と食後では大きく数字が違います。
空腹時は70〜100、食後1時間では160以下となっています。
日本人の場合は糖尿病になりやすいと言われています。
また、遺伝でも糖尿病になりやすいと言うことです。
もちろん、高血糖だから糖尿病だとは限りません。

 


貴方の身体病んでいませんか?