高血圧

 
現在の我が国におきましては、高血圧の方が大変多いそうです。
高血圧と言うのは、文字通り血圧が高い事を言います。
日本人は、血圧が高い方が多いのです。
血圧が高いと一口に申しましても、なにと比べて高いというのでしょうか。
人間の血圧には、正常な範囲というものがあります、いわゆるストライクゾーンです。
その正常な範囲を超える数値になると高血圧ということになり、正常な範囲に満たない数値の場合には低血圧ということになります。
正常な範囲というのは、血圧によってなんらかの危険が人体に及ばないということです。
正常だからと言って安心は禁物です
血圧というのは、高すぎても低すぎても人体に良い影響を与えませんから、正常な範囲を超えてしまう状態が続くようであれば、病院へ行き、医師の診察を受けなくてはならないのです。
ですが、血圧というのは日々、変化するものですし、一日の中でもかなりの変動があるのです。
運動をした後や、緊張する場面の後では、どのような方であっても多少は高血圧になってしまうのです。
(私は会社の健康診断で無意識だったのですが、一気に三階迄駆け上がって血圧が高いと診断された事がありました)

それは、ごく普通のことであり異常なことではありません。
運動したり、緊張したりすることがないにもかかわらず、ずっと血圧が高い状態が続けば高血圧ということになります。
血圧というのは、そもそも、血液が動脈の中を流れる際、血管壁を押す圧力のことを言うのです。
この圧力が常に高い状態であるということは、血管が傷ついたり、ついには破れたりしてしまうだろうという予測がつきますね。
そうなってからでは、簡単な治療では治らなくなってしまいます。
どうぞ、当ブログを参考になさって、高血圧だと思われるかたは、ただちに病院へ行って検診をして見てください。

 


貴方の身体病んでいませんか?