おすすめの水虫の治し方

スポンサーサイト

水虫の治し方は人によっていろいろな方法をしているようです。
市販の薬や病院でもらった薬を使わずに、自宅にあるもので水虫を治している人もいるんです。
よく聞く治し方は酢を塗ると言うものです。

 

これはいかにも水虫菌に効果がありそうな気がしますが、実際にどの程度の効果があるのかはよくわかりません。
個人レベルで効果があったとしても、それが医学的根拠に基づいている保証はありませんね。
素直に病院で診察をしてもらいましょう。
ただ、多くの人が病院の薬で治らないと感じていることも確かなんです。
薬では治らないものでしょうか。

 

実は治し方が間違っているだけです。
水虫菌は皮膚の表面だけではなく、少し深いところまで潜んでいます。
表面がきれいになっただけで薬を塗るのを止めてしまうため、再発してしまうんですね。

 

 

このことが水虫は治らないとなってしまうのです。
病院で説明される時にどのくらいの期間薬を塗ればいいか聞きましたか。

 

最低でも半年は続けなければなりません。
ところでおすすめの治し方は紫外線でしょうか。
自宅でできることではありませんが、紫外線を照射することで水虫菌の死滅が速くなります。

 

半年間薬を塗り続けることが出来ない人は、紫外線照射を検討してみてはどうでしょうか。
皮膚科の病院ならどこでもやってくれるわけでは無いので、事前に確認しておくことが大切です。
短期間で完治します。
もちろん、弱い紫外線ですから体に悪影響はありません。
ただ、皮膚の奥深くにある水虫菌には効果がありません。