怖いノロウイルスTOP > ノロウイルスと貝 > ノロウイルスと貝その5

ノロウイルスと貝その5について

 
ホタテは貝柱を取り出すため、事前に調理され、他の部分は取り除かれています。
そして、貝柱だけをお寿司やお刺身で、私たちは美味しく頂いているので、そこには当然、汚染されているホタテの内臓は入っていません。

ですから、ホタテの生が原因でノロウイルスに感染することはないのです。
ですが、ホタテで食中毒が絶対に起こらないというわけではありません。

例えば、調理の際、ホタテの内臓などを取り除いた後、十分な水洗いがされていない場合、ウイルスが貝柱に付着しているケースもあるでしょう。
また、調理する人がカキなどの汚染された食材を触った手で、ホタテを扱った場合や、調理器具が汚染されていた場合は、ホタテの貝柱でも感染する可能性があります。

ですが、これらは不注意によっての感染ですから、本来、ホタテの貝柱は安心して生で食べられる部分なのです。

そして、二枚貝で一般的なアサリ、ハマグリ、シジミなどは、生で食べる機会があまりないですよね。
ハマグリは焼きますし、アサリ、シジミは、お味噌汁などに入れますので、生食での機会はほとんどありません。

ですから、これらの二枚貝からノロウイルスに感染したという話はあまり聞かないわけです。
このようなことから、ノロウイルスの食中毒と言えば、カキが有名ということになっています。
ご説明したように、カキのほかにも、汚染されている可能性がある貝類はたくさんあるのでしょうが、カキが内臓ごと生で食べられる機会が多いため、汚染の原因と言われているのです。

ノロウイルスと貝記事一覧

ノロウイルスと貝その1

ノロウイルスの原因となるものと言えば、みなさんはどのような食材を思い浮かべるでしょうか?真っ先に「カキ」をイメージする方も多いと思います。ニュースで集団食中毒の報道を時...

ノロウイルスと貝その2

カキは海水の中にあるウイルスなど、悪いものを吸収し、ろ過して、自分の体内に溜め込むことが出来る貝なのです。ですから、海が汚染された場所でカキを育てると、海水がきれいになると言わ...

ノロウイルスと貝その3

数ある貝類の中でも、カキのようにプランクトンを餌にして、海水を飲み込んでいる貝に、ノロウイルスは蓄積されます。ですから、ほかのモノをえさとして食べている貝でしたら、ウイルスに汚...

ノロウイルスと貝その4

ノロウイルスが流行している間も、お寿司屋さんなどで生ものを食べる人は、まったく減ってないと感じるのは私だけではないと思います。そもそも、日本人はお寿司が大好きな人種ですし、...

ノロウイルスと貝その5

ホタテは貝柱を取り出すため、事前に調理され、他の部分は取り除かれています。そして、貝柱だけをお寿司やお刺身で、私たちは美味しく頂いているので、そこには当然、汚染されているホタテ...