心筋梗塞



死に到る病として世界的に最も恐れられている病気は、恐らくはガンではないでしょうか。
日本においてもそれは例外ではなく、病気による死亡要因として最も多いのはガンで、それはもう何十年と続いています。
そして、そのガンに次ぐ死因となっている病気は「心筋梗塞」だそうです。

心筋梗塞は、ガン、脳卒中と共に「三大疾病」と呼ばれ、最も死亡率が高い病気のひとつとして定着しています。
この三大疾病は、保険等でも別格の扱いを受けるほど日本の中では特別な病気、命を落とす可能性が高い病気という扱いを受けているんです。

ガンと比べると、心筋梗塞の認知度や関心度は決して高くないのが現状ですが
特に、心筋梗塞は急性に対する懸念が強く、突然死の代名詞のような認識が強いようです。
そのため、予防が出来ない病気と思われがちになっている分、関心があまり高くないのかもしれませんね。

ですが、心筋梗塞は急性だけではありませんし、予防が出来ない訳でもありません。
シグナルとなる症状が出れば、病院へ行って検査をして貰い、未然に防ぐことも可能です。
にも関わらず、心筋梗塞の症状に関する知識も、あまり一般的に広まっているとは言いにくいのが現状なのです。

日本では病気による死亡件数第2位であり、全死因の約15%を占めている心筋梗塞。
死亡率が高い病気であると同時に、初期の段階で適切に対応できれば、助かる可能性が高い病気でもあるのです。
しっかりと学び、予防に努めましょう。

 


貴方の身体病んでいませんか?



糖尿病の種類と治療 http://anatanokarada.com/tounyouchiryou/
健康で長生きをしたいと考えているのであれば http://anatanokarada.com/kettouchi/
現在の我が国におきましては、高血圧の方が大変多いそうです http://anatanokarada.com/kouketsuatsu/