心臓病 食事

スポンサーサイト

 

今からでも遅くない!食事を見直すことで心臓病予防ができる!
日本人の死因第二位を占める心疾患、あなたは意識していますか?心臓の病気を引き起こす原因は様々ですが、現代では食生活も大きく影響していると考えられています。

 

食事は身体に悪い影響を及ぼすのでは、せっかく栄養を摂取するために食事をするのに逆効果でよくありません。
一体どんな食事が心臓病を引き起こすきっかけになってしまうのか今一度振り返ってみましょう。

 

身体によくない食事といって思い浮かぶのはどんな食事でしょうか?脂っこいもの、限度を超えて辛過ぎるものなどがあげられますね。

 

脂っこいもの・辛いものといえば、最近人気のラーメンで思い浮かぶものがありませんか?ドロこってり、背脂、二郎系、などラーメンの種類ではドロドロと脂っこいものを連想させるような系統ものがここ数年で人気を博しています。

 

これらは、スープも濃く、分厚いチャーシューが乗っている場合もあり、かなりのカロリーになっています。
たまに食べるのであれば問題ないのですが「ラーメン食べ歩き」や「ラーメンブログ」などブログやSNS更新のためといって週に何度もラーメンを食べるようであれば、かなりの危険があります。
辛みのつよいラーメンも担担麺などがあり、人気です。

 

好みの味付けを味わうために辛みをオーダーの際に調整できるようなお店も増えており、中には刺激を求めて必要以上の辛さを楽しむ人もいます。
味がわからなくなるくらい辛いものは、身体に刺激をしてしまうのでよくありません。

 

ラーメンを食べる際には、少し気を付けると良いでしょう。

スポンサーサイト

貴方の身体病んでいませんか?