心臓病の予防

スポンサーサイト

医師の問診などで心臓病に限らず、家族に同じような病気をしている人がいるかどうかを聞かれることが多いでしょう。
遺伝などが関係している病気では、予防することが難しいケースもあるのです。
ただ、心臓病の場合はどうでしょうか。

 

心臓病の原因として上げられるのは動脈硬化や心筋梗塞でしょうか。
動脈硬化によって虚血性心疾患に分類される心臓病が引き起こされます。
心臓につながっている動脈が異常になるために結果的に心臓が止まってしまうのです。
つまり、心臓病の予防とは動脈硬化の予防と考えていいでしょう。

 

動脈硬化の原因は高血圧、喫煙、肥満などがあります。
要するに生活習慣が大きく影響しているのです。
家族の血縁関係よりも同じ生活習慣であることがポイントとなります。
親が心臓病であったならば、同じ生活習慣の子どもも心臓病になる確率が高いのです。

 

医学的な見地からも同じでしょう。
いずれにしてもまだあなたが若いのであれば、急に心臓病になることはありません。
しかし、徐々に心臓病のリスクが高まると考えてください。

 

早めに生活習慣の改善を始めることをおすすめします。
心臓病と家族が直接関係しているのではなく、生活習慣が関係していると考えればすぐにでも改善することが必要です。

 

そこで具体的にどのような改善をすればいいかは医師と相談したりインターネットで情報を収集したりしてください。
簡単に出来ることと長期にわたってやらなければならいことがあります。
重要なことはそれを如何に続けて行かなければならないことです。

スポンサーサイト

貴方の身体病んでいませんか?