歯周病

 
あなたは健康ですか。
体は丈夫でも歯医者に通っている人は結構多いようです。
そうです。
テレビなどでよく宣伝している歯周病になっていませんか。
歯周病についてどのような病気か紹介しましょう。
歯周病とは単一の病気ではなく、歯周組織(いわゆる歯茎)に発生する疾患の総称です。
歯周疾患、ペリオとも呼ばれます。
原因として多いのは歯垢ですが、それだけではありません。
歯垢が全く関係ない歯周病もあるのです。
歯肉炎という呼び方をする時には、歯肉のところだけに炎症が起こっている病気です。
歯肉だけではなく歯の周囲である歯周組織にまで炎症が広がった状態を歯周炎といいます。
歯肉炎と歯周炎が歯周病の大半だと言われています。
一般的には歯肉炎はプラーク性歯肉炎のことを、歯周炎は慢性歯周炎を指しています。
日本で行われた実態調査によると、歯周疾患の目安となる歯周ポケットが4mm以上ある人が約半数に上るということなんです。
つまり高齢者になると歯周疾患患者が増加しているそうです。
歯周病は単に歯の手入れが悪い人だけに起こるものではありません。
心筋梗塞やバージャー病、糖尿病などと密接に関係していることが最近になってわかってきました。
歯周病菌が血小板に入ることによって、血栓を作りやすくします。
それが心筋梗塞などの発症の引き金になることも考えられるのです。
糖尿病によって歯周病がひどくなることも知られています。
悪いことに歯周病によってされに糖尿病が重くなるのです。
歯の治療は大事ですが、それだけで済ませられないことを知っておくことが大事です。

 


貴方の身体病んでいませんか?