膵臓の病気の症状

スポンサーサイト

病気の症状は画一ではありませんから、症状だけで病気を断定することは容易ではありません。
膵臓の病気としては沢山有る訳ではありません。

 

しかし、症状だけでは膵臓の病気と断定することはできません。
そのため、発見が手遅れになることが少なくないのです。
一番多い膵臓癌の症状としては食欲不振、胃の不快感、胃やみぞおちの違和感、消化不良、黄疸などがあります。

 

これらは膵臓癌だけの症状では有りませんから、何となく調子が悪いと感じたら検査を受けることをおすすめします。
膵臓癌の検査をすれば、それで診断できるからです。
ただ、病院嫌いの人は検査を受けないため、発見された時には症状が重くなっている事が多いです。
膵臓癌の致死率が高いのは初期段階での発見が出来ない事も大きな要因と言えます。
50代を超えると男性も女性も膵臓癌の罹患率が高くなります。

 

また、男性の方が多く、タバコやアルコールも関係しています。
膵臓の役割は膵液を作ることと、ホルモンを分泌することです。
ホルモンが減少してもすぐに病気になるわけではないため、毎日の生活には支障がありません。
しかし、胃腸の調子が悪くなるのです。

 

毎日、自分の体調をチェックしている人なら、判るかもしれません。
膵臓癌の腫瘍マーカー検査やエコー検査が一般的に行われています。
また、CT検査などでもある程度のことがわかります。
自分のためにできることは何でもやっておくべきです。
早期発見をするためにどうすればいいのかは、インターネットで調べるだけではなく病院で検査をしてもらいましょう。

 

スポンサーサイト