膵臓の注意

スポンサーサイト

膵臓の病気はいくつか知られていますが、どれも重症になることが多いようです。
つまり、膵臓が病気になると助からないと考えた方がいいのかもしれません。
日常生活で膵臓のことを考えている人はほとんどいません。

 

それは、異常があってもほとんど自覚症状がないからなんです。
そのため癌などの発見が遅れる傾向にあります。
どうすれば膵臓が病気にならないようにできるのでしょうか。
実はよくわかっていません。
病気の原因も明確ではないのです。

 

傾向として50代以上の男性がかかりやすいと言われていますが、あくまでも統計上の数字です。
また、アルコールを飲む人、タバコを吸う人がなりやすいことがわかっています。
あなたが男性で年齢的にも60才前後なら、酒もタバコも止めて健康的な生活を送ることが一番でしょう。

 

もちろん、タバコを吸えば膵臓以外の体のいろいろなところに支障が出ます。
それらの別の病気が原因で膵臓の異常になっている可能性も十分考えられるでしょう。
糖尿病や高血圧の人は膵臓の病気にかかりやすいのです。

 

膵臓癌のステージ1の場合、5年生存率は60%を切っています。
つまり、初期段階で発見できても10人に4人は亡くなってしまうのです。
この厳しい現実は病気になって初めて知ることになるでしょう。

 

自分が死ぬと言うことを日頃から考えている人はほとんどいないからです。
人の体にはいろいろな臓器があり、それらがそれぞれの役割を果たすことで人は生きているのです。
その一つが欠けても生存が危ぶまれてしまいます。

スポンサーサイト