食後低血圧

スポンサーサイト

食後低血圧と言う症状をしっていますか。
高齢になると心臓の働きが悪くなり、血圧をコントロールすることが難しくなって来るんです。
食後低血圧は食後に血圧が下がる症状です。
もちろん病気ではありません。
しかし、血圧に関する病気を持っている人は食後低血圧になることが多いのです。
治療法がないわけではありませんが、そのためだけに薬を飲む必要はないでしょう。
食後血圧症の治療法を探すのではなく、その原因となっている病気を改善することの方が重要です。
ただ、高齢になるとある程度の低血圧症は避けられません。
日頃から注意しておくことがとても大切です。
食後はしばらく立ち上がらずに、ゆっくりとしておくことでも十分改善できるでしょう。
低血圧の人は急激に立ち上がったりしたときに立ちくらみがする場合もあります。
人の体は何もなければ血圧は変わりません。
しかし、体の変化があった時に急激に血圧が変化します。
その変化に心臓が対処できずに、めまいとなるんです。
元々血圧が低い人の場合、血圧の低下によってめまいがします。
食事をした後は胃腸に血液を送ります。

体の血液が胃腸の周辺に集まります。
若い人なら心拍数が上昇し、体全体の血圧を一定に保とうとします。
しかし、心拍数を上げることができずに、血圧が下がってしまうのです。
治療法として心臓を鍛えることが考えられるかもしれません。
しかし、高齢者にそれは無理と言うものです。
したがって、積極的な治療は行わずに、日常生活で気を付けることが一番です。