食後低血圧の原因

スポンサーサイト

体の機能が正常に働かなくなると,色々な症状として表れて来ます。
食後低血圧もその一つなんです。
食事をした後に低血圧の症状が出るんです。
立ちくらみやめまいなどです。
直接的な原因は食事によって内臓に血液が行くために低血圧になるのです。
しかし、健常者なら、心臓が心拍数を上げたり、血管が収縮したりして血圧を上げて、
心臓や血管が適切な働きをして低血圧を防止してくれるのですが
この働きは人間に基本的に備わっています。
食後低血圧になるのは高齢者がほとんどです。
老化により体の機能が衰えてしまうい、体温の調節ができないとか、汗をかかないと言ったことも老化による症状です。
老化が本当の原因ですから、治療法があるわけではありません。
もちろん、極端に食後低血圧がひどければ、薬を処方されることもあるでしょう。
しかし、それはほとんどないと考えてください。
治療法ではなく、対処法を取ることが現実的でしょう。
食後はしばらく横になっておくことが一番簡単な対処法です。
そのためには食事の時間にゆとりを持つことが重要となります。

もちろん、食後低血圧は個人差があります。
高齢者がすべて食後低血圧になるわけではありません。
若い時から健康に注意してきた人の方が老化も遅くなりますから、体調も良い状態となっているはずです。
あなたがまだ若いのであれば、今のうちから低血圧にならないような対策をしておくことが大切です。
適度な運動、バランスの取れた食事。
これだけで十分です。