糖尿病TOP > 糖尿病 > ペットボトル症候群

ペットボトル症候群について

 
ペットボトル症候群という言葉をご存知でしょうか?
清涼飲料水には糖分が多く含まれています。
清涼飲料水を容量の多いペットボトルで飲みすぎて起こった、糖尿病性ケトアシドーシスをペットボトル症候群と呼びます。

糖尿病性ケトアシドーシスは糖尿病の悪化で起こります。
インスリン機能の低下で、エネルギーとしてブドウ糖を必要量吸収できず、体の筋肉や脂肪からエネルギーを利用しようとします。
そこからできるケトン体というものによって血液が酸性になります。
通常は中性であるべき血液が酸性になることにより、体の機能が低下し、ひどい場合、意識がなくなります。

また、糖尿病は尿の量が多くなります。
そのため、糖尿病がひどくなると脱水状態になり、この場合もまた昏睡状態に陥る危険性があります。
これを糖尿病性昏睡と言います。

ペットボトル症候群の場合、まず糖分が多く含まれるペットボトルなどの清涼飲料水を飲みすぎ高血糖に、そして糖尿病へとつながってしまいます。
糖尿病になると喉が渇くので、さらに清涼飲料水を飲み高血糖をさらに悪化させてしまい、糖尿病性ケトアシドーシスを引き起こすのです。
清涼飲料水の飲みすぎに注意し、麦茶などで水分を取らなければなりません。

糖尿病は体の機能の低下を引き起こし、規則正しい食事、運動、治療で血糖をコントロールしなければこのような症状になる可能性があります。
しかし、自分の体の管理によって、このような症状を防ぐことができるのです。
食事や飲み物の内容を把握するのは、自分の体を守ることになります。
 

糖尿病記事一覧

糖尿病の食事療法で用いられる食品交換表 その1

糖尿病の食事療法で用いられる食品交換表では、約500種類の食品を主に含まれる栄養素によって以下の6つの表に分けています。表1 主食の仲間表2 くだものの仲間表3 魚...

糖尿病の食事療法で用いられる食品交換表 その2

糖尿病の食事療法で用いられる食品交換表では、各表の中で食品を交換できます。表1 主食の仲間 では、食パン30グラムとご飯50グラムを交換することができる、という具合です。た...

糖尿病の人は健康食品に気をつけて

健康食品の中には血糖値を下げる、とうたっている商品があります。糖尿病の方は、そういった商品に関心があると思います。しかし、すでに医師の診察を受け、薬を処方してもらっている場...

糖尿病で気をつける低血糖

糖尿病で医師から薬やインスリンを処方されている場合は、薬やインスリンに血糖値を調整する作用があるため、低血糖になる場合があります。人間の体の必要としているインスリンの量は常に一...

糖尿病の人の運動療法

食事と運動、両方が糖尿病の治療の基本となっています。運動をするための筋肉を動かすエネルギーには、ブドウ糖(血糖)が必要です。すなわち、運動するということは、血液中の余ったブ...

糖尿病の人の外食

糖尿病の人が一番気をつけなくてはならないのは、毎日の食事です。自宅での食事だけでなく、仕事などで外食の機会が多い人は、外食での食事の取り方を工夫しなけばいけません。外食のメ...

糖尿病の人の旅行

糖尿病の人であっても、合併症などで安静にしていないといけない、という場合でなければ、もちろん旅行を楽しめます。糖尿病の人にとっては、運動をする良い機会でもあります。ただし、...

宅配の糖尿病食

糖尿病の血糖コントロールで大切なのは食事療法ですが、献立を考え作り続けるのは大変だと思うのではないでしょうか。現在、様々な業者による宅配の糖尿病食があります。食事を作る手間...

糖尿病の学びの場

糖尿病になると食事、運動など普段の生活で気をつけなければならないことが多くなります。食事の栄養バランスやカロリー・コントロールなどを身につけねばならず、戸惑うことも多いです。 ...

子どもの糖尿病

糖尿病は、大きく分けてすい臓でインスリンが作れない1型と、生活習慣が原因の2型があります。 日本人の糖尿病の人の1型の割合は5%、2型は95%です。1型の原因はウイルスとも...

高齢者の糖尿病

加齢によりインスリン分泌や効き方が低下するために糖尿病にかかりやすくなるため、糖尿病になる人は年齢とともに増えます。高齢者が糖尿病になった場合、加齢による他の病気をかかえて...

家族が糖尿病になったら

家族が糖尿病だとわかったら、糖尿病になった本人はもとより、家族もまた糖尿病に関してどう対処していいのかわからずとても不安に感じると思います。どんな食事にすればいいのか、どんなこ...

糖尿病の予防

糖尿病になったら食事や運動に気をつけて生活しなければなりません。合併症にならないかとの不安もあります。糖尿病になってから食事や運動に気をつけるよりも、糖尿病になる前に食事や...

特定健診・保健指導

平成20年4月から、40歳〜74歳までのすべての健康保険加入者・被扶養者に対して、メタボリックシンドローム(内蔵脂肪型肥満)予防のための新しい健診と保健指導が実施されます。健診...

メタボリックシンドロームとは

生活習慣病と呼ばれる糖尿病・高血圧・高脂血症は内臓脂肪の蓄積が原因だと言われています。内臓脂肪の蓄積によって、様々な病気が引き起こされた状態がメタボリックシンドロームと呼ばれて...

糖尿病の症状

糖尿病は自覚症状がなく、健康診断で高血糖を指摘されて気づく人が多い病気です。また、高血糖を指摘されてもそのままにして、合併症が起こってから治療を開始する人も多いんです。糖尿...

糖尿病の合併症 三大合併症

糖尿病では、血糖値を正常にするために食事や運動に気をつけなければなりません。しかし、うまく血糖値をコントロールできないとどのようなことが起こるのでしょうか。糖尿病での高...

糖尿病の合併症 動脈硬化

糖尿病での高血糖が続くと血管の障害が起こりますが、この血管障害には、細小血管障害と大血管病変(動脈硬化)があります。動脈硬化は耳にしたことのある人も多いでしょう。動脈硬...

糖尿病と歯周病

糖尿病になると血糖が増え、それが合併症を引き起こすもとになるのですが、高血糖の影響は口の中にもあらわれ、血の巡りが悪くなり、歯周病が起こります。血管の障害のため、白血球の機能が...

たばこやアルコールの糖尿病への影響

糖尿病になった人にはたばこやアルコールをやめるよう、指示があると思います。たばこやアルコールは糖尿病にどんな影響があるのでしょうか。まず、たばこの糖尿病への影響ですが、...

ペットボトル症候群

ペットボトル症候群という言葉をご存知でしょうか?清涼飲料水には糖分が多く含まれています。清涼飲料水を容量の多いペットボトルで飲みすぎて起こった、糖尿病性ケトアシドーシスをペ...

介護保険について

糖尿病が悪化したり、合併症などを併発し、自分だけの力で動けなかったり、動けても自由が利かないなどの場合に利用できる選択肢のひとつが介護保険なんです。介護保険は40歳から介護保険...


貴方の身体病んでいませんか?