糖尿病治療TOP > 糖尿病と食事 > 糖尿病と食事その2

糖尿病と食事その2について

糖尿病を治療中の方だけでなく、ダイエットしたい方も、食事と食事の間隔は開かないように気をつけたほうが良いでしょう。
肥満体質にならないように、普段から、食事の時間、回数に気をつけなければなりません。
そして、早食いの方は、大食いにつながります。
血液中の糖分が増えて、満腹状態を感じる前に、胃に食べ物がどんどん入ってしまうので、食べ過ぎる傾向にあります。
また、これも肥満の原因です。
満腹感を持続させるためには、食事をする際、ゆっくりよく噛むことが大切です。
時間をかけて、ゆっくり食事をしていると、血液中の糖分が増える時間が与えられます。
そうしますと、少ない量でも、「糖分が増えた」と脳が感知するため、満腹感が感じられるようになります。
糖尿病を治療中の方は、「適切な量の食事をすること」も大切ですから、食事の際は、時間をかけてゆっくり食べましょう。
会社のランチタイムは短時間で済ませなければならないと思いますが、せめて朝と夕食は時間をかけて食べるようにしてくださいね。

糖尿病を治療中の方は、特に低カロリーの食事をするように心かげてくださいね。
メニューは野菜中心の料理がお勧めです。
もちろん、ご飯、パンなどの炭水化物も適量に食べて、インスリンがよく働くようにしましょう。
糖尿病を治療中は、アルコールを控え、間食や外食も出来るだけやめておきます。
たまに外食する程度は良いですが、必ず腹八分目を守るようにしましょう。
ですから、食べ放題などはついつい食べ過ぎてしまいますから、避けたほうが無難ですね。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

糖尿病食事療法のための食品交換表第7版 [ 日本糖尿病学会 ]
価格:972円(税込、送料無料) (2016/9/9時点)



糖尿病と食事記事一覧

糖尿病と食事その1

体に良いものばかりなら、沢山の量を食べてもよいのかと言えば、そうではないのです。「食べ過ぎずに適切な量を食べる」ということは、血中の糖分のバランスがちょうど良くなります。で...

糖尿病と食事その2

糖尿病を治療中の方だけでなく、ダイエットしたい方も、食事と食事の間隔は開かないように気をつけたほうが良いでしょう。肥満体質にならないように、普段から、食事の時間、回数に気をつけ...

糖尿病の食事療法その1

糖尿病の治療で、代表的なものに食事療法と言うものがあります。治療方法と聞くと構えてしまう方も多いようですが、それほど難しいものではありません。健康的な食生活をすることと、特...

糖尿病の食事療法その2

例えば、体重が60キロの方であれば、1800キロカロリーとなりますので、それを目安に食事を取るようにします。その人にとっての必要カロリーが決まれば、80キロカロリー1単位とした...

糖尿病の食事療法その3

アルコール類も、糖尿病に悪いと思っている方がいますが、ビール1本は、だいたいご飯1杯分のカロリーです。日本酒1合も、だいたいご飯1杯のカロリーなので、それを考えてみれば、アルコ...


貴方の身体病んでいませんか?