糖尿病治療TOP > 糖尿病と食事 > 糖尿病の食事療法その2

糖尿病の食事療法その2について

例えば、体重が60キロの方であれば、1800キロカロリーとなりますので、それを目安に食事を取るようにします。
その人にとっての必要カロリーが決まれば、80キロカロリー1単位とした計算も出来ます。
糖尿病患者の方が、治療方法として、食事療法をするのなら、また、糖尿病を予防したいのなら、この必要カロリーを単位に換算する方法を使っても良いでしょう。
1600キロカロリーの人なら、20単位ということになり、食品をそれだけ当てはめて考えればよいのです。
なぜながら、私たちの身の回りの食品は、カロリーが80で割り切れる食べ物が多いためです。
そこで、カロリーで言い表すよりも、簡単に単位の数字で言い表した方が覚えやすいし、計算しやすいためです。
ご飯1杯は2単位であり、卵は1個あたり1単位、それから、バナナ1本は1単位と言う感じで覚えることができます。
計算が面倒な方はこのような単位で数える方法を使ってみると、糖尿病の食事療法に役立つと思います。

糖尿病の治療方法として知られている、食事療法ですが、これについて誤解している方が多いポイントがあります。
それは、糖尿病の治療のために食べてよいもの、食べてはいけないものがあると誤解していることです。
糖尿病に良いと言われている食品をたくさん食べたり、そればかり食べたり、糖尿病に悪いと言われているものを避けたり、食べなかったり、このようなことが糖尿病の食事療法だと誤解している方がいらっしゃいます。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

糖尿病食事療法のための食品交換表第7版 [ 日本糖尿病学会 ]
価格:972円(税込、送料無料) (2016/9/9時点)



糖尿病と食事記事一覧

糖尿病と食事その1

体に良いものばかりなら、沢山の量を食べてもよいのかと言えば、そうではないのです。「食べ過ぎずに適切な量を食べる」ということは、血中の糖分のバランスがちょうど良くなります。で...

糖尿病と食事その2

糖尿病を治療中の方だけでなく、ダイエットしたい方も、食事と食事の間隔は開かないように気をつけたほうが良いでしょう。肥満体質にならないように、普段から、食事の時間、回数に気をつけ...

糖尿病の食事療法その1

糖尿病の治療で、代表的なものに食事療法と言うものがあります。治療方法と聞くと構えてしまう方も多いようですが、それほど難しいものではありません。健康的な食生活をすることと、特...

糖尿病の食事療法その2

例えば、体重が60キロの方であれば、1800キロカロリーとなりますので、それを目安に食事を取るようにします。その人にとっての必要カロリーが決まれば、80キロカロリー1単位とした...

糖尿病の食事療法その3

アルコール類も、糖尿病に悪いと思っている方がいますが、ビール1本は、だいたいご飯1杯分のカロリーです。日本酒1合も、だいたいご飯1杯のカロリーなので、それを考えてみれば、アルコ...


貴方の身体病んでいませんか?