糖尿病治療TOP > 糖尿病の症状と合併症 > 糖尿病の合併症その2

糖尿病の合併症その2について

2型の糖尿患者であっても、病状が進んでしまうと、インスリンの分泌量が減ることがあります。
また、体がインスリンへの抵抗性を持ってしまって、抵抗性が高くなることで、血糖も高くなるケースがあります。
体内のこのようなインスリン不足状態に加え、風邪などの病気をしたり、暴飲暴食をしたり、ストレスがたまったりして、血糖が著しく高くなると、意識を失います。
これが糖尿病性昏睡です。
人間は、風邪を引いたり、ストレスが与えられたりすると、それらに対抗するため、エネルギーが必要となります。
エネルギーが必要になった体は、肝臓を働かせて、糖を作って、血糖値を上げようとします。
こうして、血糖値が高くなり、元気になろうとしているのです。
これは、もともと体が持っている、自分で自分を治療しようとする自然な反応です。
糖尿病を治療中で、インスリンが足りない状況であっても、血糖は上がろうとしています。
ですから、糖尿病の方では、糖がどんどん溜まっていく高血糖の事態に陥るのです。
インスリンが発見されてから、意識を失うという、この合併症は激減しています。

糖尿病性昏睡が減ってきた代わりに増えてきた合併症が、血管合併症です。
この病気は、比較的、大きな動脈に対して起こる、みなさんもよくご存知の病気の動脈硬化と、細い動脈に起こる、細小血管症があります。
血管病変は、目の病気になって出てきたり、心臓病になったり、高血圧になったり、腎症になったりします。
また、神経障害や、皮膚病なども糖尿病の合併症の一つです。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

糖尿病食事療法のための食品交換表第7版 [ 日本糖尿病学会 ]
価格:972円(税込、送料無料) (2016/9/9時点)



糖尿病の症状と合併症記事一覧

糖尿病の症状その1

糖尿病と言う病気は、はじめのうちは自覚症状が出にくいと言われています。症状がわかりやすければ、自分でも「何かおかしい、病気かもしれない」と思うので病院にも行くでしょうが、自覚症...

糖尿病の症状その2

糖尿病の症状は、徐々に、体中、いろいろな場所に現れてきます。糖尿病の症状が軽い場合、本人も見過ごしてしまうものです。ひどくならないと気がつかないため、治療も遅れてしまいます...

糖尿病の症状その3

このような、喉の渇く症状は、糖尿病の症状のなかでも、比較的、早い時期に起こるものですので、この段階で、何かおかしいと思って受診できれば良いですね。喉の渇きから、糖尿病だとわかれ...

糖尿病の症状その4

糖尿病の症状が重いと、だるさは比例しますから、いっそう、だるさは激しくなります。ですから、とにかくだるくて横になっていたり、一日中、ごろごろしていたり、普段の生活にも支障が出て...

糖尿病の合併症その1

糖尿病は、初期の段階では特に自覚できるような症状も見られませんが、治療を受けずにどんどん経過してしまうと、やがて、いろいろな合併症が起こります。最悪なケースでは、そのために死亡...

糖尿病の合併症その2

2型の糖尿患者であっても、病状が進んでしまうと、インスリンの分泌量が減ることがあります。また、体がインスリンへの抵抗性を持ってしまって、抵抗性が高くなることで、血糖も高くなるケ...

糖尿病の合併症その3

特に目の病気は、糖尿病が長く続いた患者さんに多く起こっています。私の知り合いでも、糖尿病を長く治療中の方がいますが、最終的には、目がかなり悪くなってきました。年齢のせい...

糖尿病の合併症その4

命に関わる大きな病気を、糖尿病が引き起こすのですから、やはり、糖尿病を軽く考えず、治療はきちんと受けるべきでしょう。それから、糖尿病は腎臓の病気も引き起こします。糖尿病患者...


貴方の身体病んでいませんか?