疲れ目の対策

 
疲れ目の症状がひどい時には眼科へ行くことも対策の一つです。
疲れ目程度で眼科に行っていいものか、と不安に思う人もいるようですが、疲れ目には病気が潜んでいる可能性もあり、
また日常生活に支障をきたす眼精疲労や視力の低下に進行することも考えられる重要な症状です。

眼科ではいくつかの検査があり、疲れ目と診断がついたら、その後は問診が行われます。
問診は疲れ目を起こした原因を突き止めるために重要な段階です。
症状はもちろん、家庭や職場での生活習慣やストレス、睡眠時間などが詳細に質問されます。

眼科へやってくる人は、生活習慣の改善より薬の処方を求めてくる人が多いようですが、疲れ目の原因は生活環境である場合がほとんどです。
原因が把握できないと、目薬でいったん症状が改善しても、同じ症状を繰り返すことになり、根本的な解決になりません。
現実に多くの人がパソコンの使用を控えたり、睡眠時間を見直したりすることで疲れ目を解消しています。
眼科では眼鏡が合っていない場合は新しく作り直すように指導し、ドライアイがあれば目薬を処方します。

ビタミンが不足している場合はビタミン剤を出します。
眼科の中にも疲れ目の治療に力を入れているところや、そうでないところがあります。
疲れ目の治療に力を入れている眼科では、リラクゼーションをはじめさまざま治療を取り入れています。
疲れ目の対策では、実際にいくつかの眼科を回ったり、電話で問い合わせたりして、よい眼科を見つけることが大切です。

 

スポンサーサイト

貴方の身体病んでいませんか?